まだ株持ってないの?

日本株ぶっほぶほブログ

フィボナッチリトレースメントの使い方

はろりん 子パンダちゃん

 

今回はフィボナッチリトレースメントを活用したトレード手法を、ドル円と日経平均先物のチャートを元に解説していくパオ 

 

フィナボッチ? ボッチぱおか。。。

相場師たる者、常にボッチぶほw

 

 

フィボナッチリトレースメントとは?

フィボナッチリトレースメントとは、イギリスの天才数学者レオナルド・フィボナッチが発見したフィボナッチ数列を元にした分析方法パオ

 

ただ、フィボナッチ数列や比率について詳しい計算方法について知る必要はないから、ここではフィボナッチを活用した取引手法のみ把握してほしいポコ

  

ちなみに、フィボナッチ比率を活用したトレード手法には以下の種類があるけど、今回はフィボナッチリトレースメントに焦点を当てて紹介するパオ

  • フィボナッチアーク
  • フィボナッチエクスパンション
  • フィボナッチタイムゾーン
  • フィボナッチリトレースメント

 

フィボナッチの使い方

フィボナッチリトレースメントでは、上の画像のようにトレンドが始まったとされる起点と直近の最高値または最安値を結び、パーセンテージで相場の反発具合を分析するピョコ

 

反発具合を見るのに、主に使うのには

  • 38.2%
  • 50%
  • 61.8%

の3種類のラインがあり、このラインを元にトレンドの継続や変更を判断するポコ

 

使い方は非常にシンプルパオ!

反発がどのラインまで到達するかによって売買の判断を行うパオ

 実際の値動き

f:id:kabu_ohimesama:20200929130849p:plain

 

上の画像のようにフィボナッチリトレースメントを表示させたトレンドでは、38.2%・50%・61.8%のラインで価格が変動していることが分かるピョコね

 

38.2%のラインまで反発し、その後再度トレンド方向に向かうなら買い
38.2%のラインを大きく超えるようなら損切り
という風に、押し目買いに活用することができるポヨ

 

もっと具体的には以下のように相場が動く可能性が高いクポ

  • 38.2% → 超えなかった場合はトレンドの継続
  • 50% → 半値戻しは全戻しという相場の格言の通り、トレンドが変わる可能性が高い
  • 61.8% → 高確率でトレンドが変わるまたはレンジになる

 

50%のラインを大きく超えた場合は全戻しになる可能性が高く、
更に61.8%を超えた場合はトレンドは騙しだったと捉えることもできるパオ

 

もちろんフィボナッチリトレースメントの数値だけで判断をすることはできにゃいけど、過去のトレンドに適応させても分かる通り、かなり高確率でこのラインで反発が起きるから参考になるはずクポ

 

押し目を見つける際に役立つ 

意識してほしいのは、フィボナッチリトレースメントはトレンドを見つける為の指標ではなく、トレンド発生後の押し目を見つける際に役立つ指標じゃということポコ

 

フィボナッチリトレースメントを活用する際はなるべく大きな時間軸のトレンドで利用して、過去に何度も反発しているライン=多くの人が注目しているラインは、必ずチェックするようにするパオ

 

フィボナッチリトレースメントを活用しているトレーダーは非常に多いから、もしフィボナッチリトレースメントのラインを知らずに売買しちゃうと、とんでもないタイミングで買ってしまい大きな損失を抱えてしまう可能性もあるクポよ

 

さて、フィボナッチリトレースメントのラインが分かったところで、実際のチャートで検証をしていくパオ!

 

  

先物(日経平均)で見てみよう

f:id:kabu_ohimesama:20200929130849p:plain

日経平均先物の日経225の実際のチャートに、フィボナッチリトレースメントを表示して解説していくピョコ

 

このチャートを見て分かる通り、日経平均先物はコロナショックにより2020年3月19日まで急激に下落したクポ

下落の大底を起点として、6月9日の高値を繋ぐとフィボナッチリトレースメントのラインが表示されるパオ

 

最初の反発ラインである23.6%で2度反発した後に、現在は直近高値を更新しているピョコね

 

現在の直近高値更新は2回反発してからの更新じゃから、24,000の高値まで上昇することが予想できるパオ

 

大きな市場で反応しやすい

フィボナッチリトレースメントのラインは、日経平均のような大きな市場で反応する確率が高い傾向にあるので覚えておくポコ

また、起点をどこにするかによってラインは変わってくるから、正しく設定することが大切クポ!

 

特に、今回の検証のように起点が分かりやすい場合は、多くの人がフィボナッチリトレースメントを活用していると言えるから、ラインが効く可能性が高くなるパオ

 

ただ反対に、起点がイマイチ分からないチャートではフィボナッチリトレースメントのラインが機能しないことがあるから、活用する場面を適切に考えることも大事ピョコ


 

為替(ドル円)を見てみよう

f:id:kabu_ohimesama:20200929130856p:plain

続いてはドル円で見てみるパオ
この画像は2020年8月中旬のドル円4時間足のチャートパオね

 

現在はドル円の下落7月31日をピークに反発を行い、上昇に転じているポヨ

 

チャートには最安値の7月31日を起点として、8月14日の高値を繋ぎ、フィボナッチリトレースメントを表示させているクポ

 

これを見ると、現在は23.6%のラインに到達していないパオ

 

23.6%のラインは指標としては少し弱いけど、前回高値のサポートラインも存在しており、ここからトレンドが継続する可能性が少し高いと見ることができるクポね

 

ただしトレンドラインは一旦底抜けしているから、23.6%を抜けて38.2%まで到達する可能性も考えられるポヨヨ

 

こんなふうに、トレンドの起点と直近高値または安値を結ぶことで、簡単に反発ラインの判断材料に活用することができるパオ

日足で見てみよう

f:id:kabu_ohimesama:20200929130901p:plain

次に4時間足ではなく、時間軸を伸ばした日足にフィボナッチリトレースメントを表示させてみちゃうポヨ

 

日足での下落を起点として、先ほど上昇の起点として使用した104.188円を繋いでみるクポ

すると現在は50%と61.8%を超えて、78.6%のラインで反発していることが分かるパオね

 

こんな風に小さい時間軸だけでなく大きな時間軸で設定し直すことで、全く異なるラインが表示されるから注意が必要ポヨ

時間軸が大きい方が信頼度は高い

ほとんどの場合は時間軸の大きいチャートで表示させたラインの信頼度の方が高いから、この場合は、先ほどの4時間足のラインと総合的に判断して押し目買いを行っても良さそうピョコ

 

た・だ・し!
4時間足の38.2%のラインまで下落する可能性もあるから、損切り幅は近くして、直近高値のラインまでリスクリワード※おおよそ1:3で購入するのがおすすめパオ

※利益:損失の割合

 

ドル円など取引量の多い通貨ペアは、今回見たようにフィボナッチリトレースメントを表示させると、高確率でラインが効いている箇所を見つけることができるから試してみるポヨ~

 

 

他の指標をあわせる

フィボナッチリトレースメントの精度を高めるには、フィボナッチリトレースメントだけに頼って売買するんじゃなくて、その他の指標を組み合わせて総合的に判断することが大切パオ

 

特におすすめの組み合わせは次の2つクポ

  • ローソク足の形状での判断
  • トレンドライン

 

 実際に見てみよう

f:id:kabu_ohimesama:20200929130906p:plain



先ほどのドル円4時間足のチャートにフィボナッチリトレースメントとトレンドラインを引いた画像がこれパオ

 

トレンドラインを引くと分かりやすいクポ~

 

23.6%のラインで反発しているけど、一旦はトレンドラインを下抜け後の反発になるからさっきの解説した通り、この指標だけですぐに購入する判断はリスクが大きいピョコね

 

トレンドラインまで戻ったところで、再度下落が始まって38.2%まで下がる可能性は充分あるパオ

ローソク足的にも気になる

また、ローソク足の形状を見て分かる通り、直近高値は2回高値をつけてから下落、更にネックラインも突破しているから、ここから下落すると判断することもできるクポ

いわゆる「ダブルトップ」パオ

 

さっきは日足でのフィボナッチリトレースメントも活用して、損切りを近くした押し目買いを紹介したけど、より短期トレードとしては、トレンドラインに再度戻る箇所を損切りとして売りで入るパターンも行えるピョコね

 

ネックラインの上部、トレンドラインの上部に損切りラインを設定し、利確は38.2%で行うのがリスクリワードかなり高めのトレードといえるクポ

 

このようにトレンドラインやローソク足の形状など、複数の指標を組み合わせて判断することで、リスクリワードの良いトレードを見つけることができるポヨ

 

注意点:損切りラインは守ろう

 

いつも言ってることじゃが、一度設定した損切りラインを必ず守ってトレードすることパオ!

 

購入後に指標の設定を変更したり、自分の都合の良いように見方を変えたりするのは簡単クポ
じゃからこそ、規律を持って売買することを心がけて投資するポヨ!

 

ちなみに、フィボナッチリトレースメントと組み合わせる指標は、多くなっても混乱するから最初は多くても2つほどにしておくのがおすすめパオ

 

まとめ

今回はフィボナッチトレースメントについて、基本的な仕組みから、実際のトレード活用方法まで詳しく紹介したクポ

 

フィボナッチリトレースメントを活用してトレードしているパンダちゃんは多いし、その分信頼性の高い指標じゃから、ぜひ効果的にトレードに取り入れてみてほしいパオ

 

 

為替や先物の取引は、どこを使えばいい?

 

為替も先物も、axioryという口座で取引できるパオン。

チャート修行するなら、子パンダちゃんたちは登録必須!

爆益めざすポヨ~

 

 

f:id:kabu_ohimesama:20200518223207p:plain

 

まだ株ちゃんが使ってる先物・FX口座の紹介ページ

 

 



トップページへ戻るブホ